FC2ブログ

長期投資 de 明るい投資計画

スポンサーリンク

宛名が空欄の領収書

receipts-1372960__340.jpg

先日不動産投資家の飲み会があったのは記事に書きましたが、その帰りにお店から飲み代の領収書をもらいました。

領収書を貰えないものだと思ってたので、ラッキーって感じでしたが、よく見ると、宛名が書かれていない。そりゃそうだ、自分の会社名誰にも言っていないし。

でも、起業当時、税理士に「宛名に上様はだめですよ」、といわれたのを思い出しました(最近のお上の判断で上様はダメとなったようなことを話していました)。上様どころか空欄なんて、、、これじゃ交際費として認められないんじゃないかな~

その場にいた参加者は誰も何も言わないし、自分だけ宛名書いてっていうのもKY(死語?)だし、酔っているのもあって、特に何も言わずに帰りました。(楽しかったらいいじゃん的な。)

でもね、「宛名が空欄の領収書なんて、世の中いくらでもあるだろう。」と思い、ネットでしらべたら、飲食代は宛名が空欄の領収書でも大丈夫らしい記事を見ました。

早速、税理士にメールすると、厳密に言うとという前置きの上で、認められない可能性もあるということです。
税理士の見解としては、「親睦会や懇親会など人数が多い場合には、事務作業軽減のため、宛名なしの領収書は多々あり、やむを得ない」とのこと。問題ないとは言い切れないが、おそらく大丈夫ということでしょう。

税理士としても、立場上固い回答をするしかないですよね。

でも、お店に余裕がある時はできるだけ宛名を書いてもらうようにしたほうがいいかもしれないですね(たぶん、知らんけど、、、)。
この辺はいろいろ経験していくしかないですね。
関連記事
スポンサーサイト

↓参加してます!!拍手やいいねの代わりにポチして頂けると励みになります。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad