FC2ブログ

長期投資 de 明るい投資計画

スポンサーリンク

いつもこう答えています

clock-2535061__340_20171231220558735.jpg

最近、アベノミクスに入ってから、投資の相談を受けることがあります。
もちろん相談といっても、込み入ったものではなく、飲み会などでさらっと話を受けることがほとんどです。

特に、ここ最近はその頻度が多くなってきたと思います。世の中景気が良くなっているからでしょうか。

とりあえず投資経験のない人に投資について質問された時は、私は「不景気の時に買って、今は株をすでに売ったよ」と話しています。
これは、今から投資をしてももう遅いかもしれないよということを暗に含めています。賢い人ならば、冷静になって、今のように株高の状態からの投資を避けると思うからです。

個人投資家の端くれとして、投資を広めたい一方で、自分が薦めたことで損をさせたくないという気持ちがあるからです。

これから投資を始めようと思う人に、私の投資のスタンスを話すときは、初めにインデックス投資ではなく個別株の話をすることにしています。
インデックス投資の話を聞いてもまず分からないだろうし、ましてのほとんどの方は、短期間に1.5倍ぐらいになることをイメージしているので話しても暖簾に腕押し状態だと思っているからです。

個別株では、不景気になるまで待って、業界1,2位の会社がリストラを行ったとヤフーのニュースに流れた時に買うことを考えている。
売る時は、その会社が数年後景気が良くなった時に、ヤフーのニュースで過去最高益と流れた時だと話しています。

ざっくりとですが、分かりやすいかなと思っています。そして今は株高だから、不景気になった時に株を買えるように軍資金を貯めていると付け加えます。

ご存知だと思いますが、リストラを行うと株価が上昇することが多いです。これは、世の中の投資家はすでにその企業の業績が悪いことは知っていて、リストラすることで、贅肉を取り利益の出やすい組織になると期待されるからです。

ここまで話すと、じゃあ今は何に投資しているの?と聞かれますので、その時には世界の株価平均に連動する投資信託を買っていると話します。やっとインデックス投資の話になります。

世界の株価は、第一次世界大戦があっても、第二次世界大戦があっても、日本のバブルがはじけても、リーマンショックがあっても
その時は株価が落ちるけど長期的には騰がっているんだよねと話します。なんで、世界の株価平均に連動する投資信託を毎月一定額で買っていると話します。

リターンは一般的には年で概ね5%ぐらいと話すと、5%でもいいよねと言われますが、それ以上の興味は持たれないことがほとんどです。

インデックス投資は、なかなか理解されないんですよね。
関連記事
スポンサーサイト

↓参加してます!!拍手やいいねの代わりにポチして頂けると励みになります。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad