FC2ブログ

長期投資 de 明るい投資計画

スポンサーリンク

実体験を元に40代前半サラリーマンのお金の現実

wolf-3033479__340.jpg

〇40歳代のサラリーマンについて思うこと


40歳代は、家庭を持って住宅を購入しているとそれなりにお金に関して責任のかかる年齢です。
こういう時に、ふだんの節約、節税に加えて投資をしていると、自分のマネープランが既にできている為、精神的にゆとりがあります。
なんのマネープランもなく、無謀な住宅ローンを組んでいたり、高額な生命保険に加入していたりして、月々の支払いが家計を圧迫している状態で中年を迎えてしまうと、本当に大変です。

20代のように若いうちは、40代の給料がどれだけなのかいまいちピンとこないと思います。
結婚して子供を持つとどれくらいお金がかかるか、会社で課長や部長になるとどれくらい給料をもらえるか?
想像つきませんよね。

〇40歳前半の会社人の現実


私の実体験をもとに、例えを書いてみますね。あくまでも例えですよ~(私じゃない架空の人間ですよ~)

ある40歳前半のサラリーマンの年収は、約800万円です。
家族構成は、本人、妻、子供二人です。
月給の内訳は、額面上は50万円で、控除後(税金、社会保障費、住宅ローンの給料天引き)で、25万円。所謂手取りが25万。
手取25万円じゃ、子供の教育費と日々の生活費でほとんど使い果たしてしまい、数万円(10万円以下)しか手元の残らない計算です。
ボーナスはだいたい100万円で貯金やローンの前倒しに使っている。
世の中の平均的な40前半のサラリーマン家庭からすると、まあまあの給料ですが、お金の事情はこんな感じです。

この人は20代から資産運用を実施しているので、今までで約500万円の利益を出した。
ボーナスや投資で出た利益をローンの返済にこまめに充てているので、40歳後半にはローン完済という目途が立っている。
現時点での貯金や投資金額の合計は1000万円ほどある。

〇若いうちから資産運用した結果


この例では、資産運用の利益やボーナスを繰り上げ返済していたおかけで、住宅ローンの返済が一般的に見て余裕があります。
資産運用の方法は、インデックス投信や株の長期保有です。若いうちから資産運用を始めてコツコツと投資をしてきたので、10年以上投資をして約500万円ほどのリターンを得ることが出来ました。しかし、超ハイリスクハイリターンの運用ではないので、サラリーマンを早期リタイヤできるほどのリターンを求めていません。

〇まとめ


あくまでも私の実体験ベースで、架空のアラフォーサラリーマンのお金事情について書いてみました。
まあまあの給料のサラリーマンが、若いうちから資産運用して、家を買って、子供がいて、だいたいこんな感じです。
これでも、一般的なサラリーマンの中じゃまともな方の例だと思っているんですけどね。

私よりも若い方は、ちょっとは参考になりましたかね。これ読んで、サラリーマンが嫌になりました?

しつこいですが、本当の私のお金事情とは違いますから!(だいたい去年、サラリーマン辞めたし)

↓もよろしければどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

↓参加してます!!拍手やいいねの代わりにポチして頂けると励みになります。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad