長期投資 de 明るい投資計画

スポンサーリンク

リスクオンだけど弱気な自分の場合

oilfield-643836__180.jpg

北朝鮮の弾道ミサイルが発射されたとのこと。日本の排他経済領域には落ちなかったが、今回のはおそらく新型ミサイルで、脅威が増しているとのこと。詳しくは、防衛省のHPで確認できます。北朝鮮の脅威がある中、VIX指数がここ10年で最低レベルに下がっているらしいです。

VIX指数は恐怖指数と呼ばれていて、下がっているほどリスクオンを意味します。過去の記事「今はリスクオン」で、別の指数でリスクオンとなっていることを挙げたように、世界的にはリスクオン状態らしいです。もちろんこれらの指数は、それぞれの定義があるので、必ずしも日本市場がリスクオンという意味ではないです(例えばVIXはS&P500を対象とするオプション取引のボラティリティを元に算出、公表している指数。)。しかし、広義の意味では合っていると思います。

私は、基本弱気なんで、アベノミクスが始まって日経平均2万円ぐらいになった時(2015年の中頃)が、今回の景気の山だと思っていて、もうこれ以上は騰がる見込みがなく、不景気になるのではないかと勝手に考えています。各指数はリスクオンとなっているのに、自分の勝手な推測は下がると思っていたりすると、投資の方針が決められないですね。こういう悩む場合は、ほったらかしでいいインデックス投資がかなりお勧めです。騰がっても下落してもプラスに考えることが出来るからです。騰がった場合は含み益が増えるし、下落した場合は含み損になるもののより多くの口数を買い増すことができると考えられるからです。

だた、インデックス投資は一つの投資方法であって他の方法であってもよいと思います。
今はリスクオンという状況を信じて、ここ1,2年と割り切ってリスク資産を大量購入し勝負するのも一つだと思います。
注意しなければならないのは、この方法だと期限があるということで、引き時を間違えないで投資をすれば、インデックス投資よりもリターンはあると思います(もちろんリスクも高いですよ)。私は、インデックス投資家(長期投資もするが)なので、このような数年と割り切って上昇時と思われるときに一気に勝負をかけるようなことはしないですが、これも一つのやり方なのかもしれないですね。

注意)
投資判断は自己責任でお願いいたします。
このブログの記事は、投資において将来の結果を約束するものではございません。


スポンサーサイト

↓参加してます!!ポチして頂けると励みになります。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad